不動産投資について

Property Investment不動産投資について

Real estate investment不動産投資を検討されている方へ

不動産を取り巻く環境は変化しています。国内・海外共に需要が増加し日本の、不動産市場の拡大につながっております。当社ならではの強みを発揮していくのはもちろんですが、環境の変化を先取りし新たな事業や創造的な取り組みへのチャレンジを続け、競争力を高めていきたいと思っています。

pr1

マンション経営の特徴

副収入として

老後の私的年金

相続税対策

マンション経営は現在の副収入として、あるいは老後の私的年金として、さらには相続税対策として近年注目されております。
物件購入額によって異なりますが、自己資金がかかるリスクも限定されます。

マンション経営のメリット

安定した家賃収入

小額な自己資金

節税対策

マンション経営は現在の副収入として、あるいは老後の私的年金として、さらには相続税対策として近年注目されております。
物件購入額によって異なりますが、自己資金がかかるリスクも限定されます。

マンション経営のリスク

空室リスク

流動性

金利などの
変動リスク

天災・人災リスク

マンション経営は不動産投資であり、①空室リスクや賃料下落リスク②流動性③税制・金利変動に関するリスク④天災・人災のリスクなどの 様々なリスクがございます。リスク管理・対策として④は保険でカバーできるリスク、②のリスクに関しては弊社がマーケットメークすることにより ご対応できると考えております。①と③は不動産・債券・税制のマーケットリスクになります。したがって弊社では情報提供を徹底することにより、 これらの市場動向に変化があった場合でも、お客様が対策を取りやすくなるよう心掛けております。

ステータスマッチング

マンション経営は購入目的によって異なりますが、ステータスマッチングが重要な要素と考えます。 マンション経営のメリットを最大限に活用するうえで、ご自身のご年収に応じたマンション、お借入が必要です。 例えば高所得者の場合、所得税・住民税の負担が非常に大きいためマンションを所有した場合、物件によって異なりますが戻ってくる税金も大きいため、 それを元手に繰上返済が可能です。ご自身のステータスによってメリット・デメリットが異なるため、 ご自身のステータスに合ったマンション購入がもっとも明確な出口戦略といえるでしょう。

不動産投資の考え方

家賃収入

節税効果

不動産投資の収入は基本、家賃収入になりますが、節税効果も活用すべきと考えます。 節税効果は確定申告時、不動産所得が会計上赤字になることで 給与所得に合算(所得税法第69条 損益通算)することが可能になります。本来、納税していた税金の還付を所有不動産へ繰り上げ返済していくことで、 月々のキャッシュフローの改善につながります。現状収支が良くも悪くも、不動産投資を理解し、自己資金を運営をすることが必要です。

投資用物件の無料査定ならYCMにおまかせ下さい。
スピーディーな対応で、初めてのお客様も徹底サポートいたします。