不動産投資について

Property Investment不動産投資について

Private pension私的年金の確保

現在の年金制度は曖昧な点が多く、更なる受給年齢引き上げも考えられています。もはや自分の将来を国に頼ることができない時代になっています。

pr1

先行きが不透明な年金制度

現在の年金制度は先行きが不透明で、自分の将来は自ら考える時間になっています。

先行きが不透明な年金制度のグラフ先行きが不透明な年金制度のグラフ

年金だけでは生活ができない

夫がサラリーマンで、妻が専業主婦の標準的な夫婦の年金は233,000円ですが、
これは最低賃金の生活をギリギリ維持できる247,320円を下回っています。

合計247,320円

年金だけでは生活ができないの金額年金だけでは生活ができないの金額

*総務省統計局「家計簿から見たファミリーライフ」より(平成19年7月)
*その他は家具・家事用品・被服及び履物「その他の消費支出(交際費除く)を合計したものです。

年金だけでは生活ができないのグラフ1 年金だけでは生活ができないのグラフ2

一人当たりの年金負担人数

年々減少傾向にあります。

2005年2006年2007年
3.3人2.1人1.7人

家賃収入が年金になる

資産運用型マンションは継続的に収入を得る事が期待できます。かつてはキャピタルゲイン(値上がり益)を期待して購入する方が大半でしたが、
最近ではこの安定的な賃料収入(インカムゲイン)の確保に主眼を置いている人がほとんどです。公的年金を補う為の私的年金として位置づける人が多いようです。

 年金のみ1Rマンションを持っていると
年金のみ 60〜65歳 無収入
*終身200万円/定期1,800万円払込満了年齢60歳と想定した場合
5年間で540万円
*家賃毎月9万円の場合
65歳以上 毎月23.3万円
年金のみなので生活もギリギリに…
1Rマンションを持っていると 60〜65歳 5年間で540万円
*家賃毎月9万円の場合
65歳以上 毎月23.3万円
年金のみなので生活もギリギリに…
毎月32.3万円
1Rマンションのおかげで趣味や娯楽を楽しむ余裕も…

夫婦で老後を生活するには最低7,700万円の蓄えが必要

 月額23.3万円(年金のみ)月額30万円(通常生活)月額38.3.万円(ゆとりある生活)
月額23.3万円(年金のみ) 夫婦2人(期間18年) 5,010万円 6,480万円 8,270万円 夫婦2人(期間18年)5,010万円 妻1人(期間12年)2,340万円 合計7,350万円
月額30万円(通常生活) 妻1人(期間12年) 2,340万円 3,020万円 3,860万円 夫婦2人(期間18年)6,480万円 妻1人(期間12年)3,020万円 合計9,500万円
月額38.3.万円(ゆとりある生活) 合計 7,350万円 9,500万円 12,130万円 夫婦2人(期間18年)8,270万円 妻1人(期間12年)3,860万円 合計12,130万円

*妻一人期間の生活費は夫婦2人期間の70%で算出しています。
*5歳違いの夫婦が夫60歳時点から平均寿命(男性:78歳、女性:85歳)まで生きた場合を想定しています。
*老後の生活費は生命保険文化センター「生活保障に関する調査」(平成19年度版)によります。
*10万円未満は四捨五入しています。

投資用物件の無料査定ならYCMにおまかせ下さい。
スピーディーな対応で、初めてのお客様も徹底サポートいたします。

不動産投資について詳しく見る